レビトラの特徴と、レビトラジェネリック

levitra

有名ED治療薬レビトラ(levitra)はバイエル薬品が製造販売していますが、グラクソ・スミスクライン、シェリング・プラウによって共同開発されたED治療薬です。
日本では2004年4月に承認取得され、その年6月から発売が開始されました。

レビトラの開発担当者のマイロン博士によると、レビトラを服用する時の投薬量により効果が後に持続して保たれる事が明らかになりました。
これによりレビトラは患者の大多数の勃起機能を向上させた、と語っています。

レビトラはバイアグラに次ぐED治療薬でバイアグラのデメリットであった食事の影響を受ける事を軽減し、食後すぐに服用してもあまり問題無くなりました。また他のED治療薬と違い即効性が特徴です。

レビトラ体験談

ここで知人40代男性のレビトラ体験談を紹介します。
彼はレビトラを空腹時に服用し、30分程で効果が現れたそうです。最近では中折れが続いていたのでとても悩んでいたとのことです。
そこでレビトラを服用する事にしたのですが、本人は大変満足いく効果を得られたそうです。
レビトラ服用後の感覚も自然で違和感も無く、翌朝まで効果を感じられたそうです。
彼の場合、副作用も全く症状としては現れず、それまで悩み、自信を無くしていたメンタル面でも楽になったと話していました。

レビトラジェネリックについて

ただ、正規レビトラは価格安いとは言えません。そのため、レビトラジェネリックの使用もおすすめしています。
レビトラは多くのジェネリック薬が製造、販売されています。
その中でも人気が高いのは、バリフ20mg、サビトラ20mg、ブリトラ20mg、サビトラ10mg、バリフゼリー20mgなどです。
どのレビトラジェネリックも正規レビトラと同じ効果を持ちながら、正規レビトラの半分~1/3程度の価格で購入することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ