バイアグラの特徴と、バイアグラジェネリック

viagra

バイアグラとは米国のファイザー社が1999年発売したED治療薬です。

バイアグラはその効果の高さにより人気が急増し僅か1年で約50ヶ国で認可され、現在も世界中で使用されています。
元々は心臓病の薬として開発されましたが、男性の勃起不全に効果ぎある事がわかりED治療薬として再開発されました。

バイアグラは陰茎の血流を抑制する酵素の働きを抑え血管を拡張させ勃起を促します。
この有効成分はシルデナフィルと言います。

しかしながらその反面、ニトログリセリンなど心臓病薬と併用すると非常に危険な副作用を起こします。服用に際しては併用禁忌薬の確認が必要です。

日本では厚生省が1999年1月に承認し、3月から国内で販売開始されました。
服用には医師の処方箋が必要で医療保険は適用されません。

バイアグラ体験談

ここで、バイアグラ服用の体験談を紹介します。
知人30代男性は初のバイアグラを通販で購入したのでパッケージは外国語でした。

通販サイトの説明を信じ服用しました。食前の空腹時に服用しないと効果が弱まるとあり、使い勝手がイマイチと感じたそうです。
食前に服用したら15分後位に効果が発現。それが想像以上に固くなったそうです。時間が経っても治まらず効果の出すぎに不安になりました。
その後彼女と性交を行っている途中で頭痛と嘔吐の副作用がありその後も約1時間苦しめられ初のバイアグラ終了したそうです。

これらの副作用は、個人差があります。
この体験談を提供してくれた男性には副作用が強く出てしまったようです。この場合、少し胃に食べ物を入れてから服用するか、服用量を減らすなどして調節すると良いでしょう。

バイアグラジェネリックについて

数あるED治療薬の中でも、バイアグラは人気がある医薬品で、多くのジェネリックが販売されています。
人気のある主なバイアグラの後発薬は、カマグラ100mg、シルデナフィル50mg、ペネグラ100mg、カベルタ100mg、ベガ100mgなどです。

いずれのバイアグラジェネリックも、正規バイアグラの半分程度の価格で購入することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ